知ることからはじめよう、脳の健康。

『のうKNOW』とは?

デジタルツール『のうKNOW』

日々の生活をより充実させるための「ブレインパフォーマンス(脳の健康度・通称ブレパ)」が注目されています。仕事やスポーツで自分のパフォーマンスを意識するように、自身の脳のパフォーマンスについても考えてみませんか。これは、「人生100年時代」を楽しく健康で暮らし続けるためにも大切です。
まずは、できることから少しずつ始めてみましょう。

知ることからはじめよう、脳の健康。ブレインパフォーマンスのセルフチェック

『のうKNOW』は「記憶する」「考える」「判断する」などの
脳のパフォーマンスをチェックするツールです。

「私はまだまだ大丈夫!」と思っているあなたも、『のうKNOW(ノウノウ)』で現在の脳の健康度をチェックしてみましょう。PC(パソコン)やタブレット、およびスマートフォンで4つのテストを行うことにより、あなたのブレパを知ることができます。
画面で表示されるトランプカードが自動的にめくられるので、「はい」か「いいえ」で答えて、チェックすることが可能です。

本チェックは疾病の予防・診断を目的としたものではありません。

脳の反応速度
チェック

カードがめくられたら「はい」を押すことで反応の速さをチェックします。

注意力
チェック

カードが赤の場合は
「はい」、黒の場合は「いいえ」を押すことで注意力を
チェックします。

視覚学習
チェック

表示されたカードが以前に出てきたものと同じかを答えることで視覚記憶力をチェックします。

記憶
チェック

めくられたカードが直前のものと同じかどうかをみることにより、一時的に必要な記憶の保持ができているかをチェックします。

資料は以下のリンクよりご確認ください。

ここがポイント!

操作はカンタン

パソコン・タブレット・スマートフォンで手軽に実施

チェックにかかる時間は、約15分!

自分ひとりでチェックが可能!(セルフチェック)

豊富な実績

55か国以上で活用、100言語以上に対応!※1

同年齢の平均と比べた、脳の元気度を確認!

定期的にチェックすれば、以前の結果と比較も可能!

疾病の予防や診断を目的としたものではなく、健康意識を高めるために 行っていただくことを目的としています。

※1同アルゴリズムを持つCogstate Brief Batteryにおける実績

チェック方法

1端末の準備

パソコン・タブレット・スマートフォンを準備します。

2事前説明

チェックの流れについて確認いただきます。

チェックにかかる時間は、約15分!

3チェック開始

4つのテストが開始されます。 それぞれのテストの前に 実施方法が表示され、開始前に練習が可能です。

4結果表示

チェックが全て完了すると結果画面が表示されます。

少し間違えてしまっても、 まずは最後までチェックして みてください。

結果画面(イメージ)

チェックが全て完了すると、結果が表示されます。
結果画面には、あなたの脳の健康を維持するために役立つ情報が掲載されています。

あなたの脳を元気にする生活スタイルを習慣化させましょう!

定期的な運動、バランスの良い食事、そして社会とのかかわりや、精神的な活発さを保つことは、体の健康に良いだけでなく、脳の健康度を上げる可能性があることが分かってきました。
自分の脳の健康度を意識することに、遅すぎるとか早すぎるということはありません。今できることを、少しずつ始めてみましょう。

脳の健康度を上げる習慣

適度な運動をする

社会とのつながりを持つ

バランスの良い食事をとる

趣味を持つ 等

脳の健康度を下げる原因

加齢

脂質異常症

喫煙

高血圧

睡眠障害

不規則な食生活

糖尿病

運動不足

ストレスや不安

うつ病

メタボリック
シンドローム

頭部外傷歴 等

認知症疾患診療ガイドライン2017 P.118 医学書院より引用

年齢とブレインパフォーマンス(イメージ)

監修:東京都健康長寿医療センター 脳神経内科 部長 岩田 淳先生