Q&A

デジタルツール「のうKNOW(ノウノウ)」について

デジタルツール「のうKNOW(ノウノウ)」とはどのようなものなのでしょうか?
4つのトランプテストにより、ブレインパフォーマンス(脳の健康度)をチェックします。PC(パソコン)やタブレットを用いて約15分で、簡便にセルフチェックすることができます。
4つのトランプテストとは?
下記の4つの機能をみるためのテストです。
①脳の反応速度:適切な順序によって,目や手の協調や歩行といった非言語的行動を行う機能
②注意力:意識を集中する働き (参考)大切なことに意識を集中する働き 1)
③視覚学習:視覚的情報をもとに新しい適応の仕方を習得していく機能
④記憶力:少し前の記憶を保ちながら作業を行う機能
(参考)即時記憶(刺激を数十秒程度貯蔵してすぐに再生する機能)を使って情報を把持しながら、それに対して認知的な作業を行う機能 2)

1)山口晴保:認知症ケア研究誌3:45-57,2019
2)認知症疾患診療ガイドライン2017

何がわかるのですか?
同年代と比較した場合の、現在のブレインパフォーマンス(脳の健康度)がわかります。
なぜ早期のチェック習慣が大切なのでしょうか?
ブレインパフォーマンスの低下の要因には、血糖値や血圧などの管理可能な因子、睡眠障害やストレス不安などの可逆的なリスク因子が含まれています。リスク要因を知り、それらを管理(改善)することにより、ブレインパフォーマンスを向上できる可能性があります。
働き盛り世代から定期的にブレインパフォーマンスをチェックする習慣を身に着け、脳の状態を把握しながらリスク要因の管理を行う上での指標としてご活用ください。
どのくらいの頻度でテストすればよいでしょうか?
月に1回など、定期的な実施を推奨しています。
「のうKNOW(ノウノウ)」は誰でも受けられますか?受けられない方はいますか?
18歳~99歳を推奨としています。トランプカードを使用しており、チェック毎に練習セクションもありますので、18歳~99歳の方でしたら、どなたでも手軽に実施いただけます。
「のうKNOW(ノウノウ)」はどのような環境で実施するのでしょうか?
チェック中は音が出ますので、テレビや電話などの気を散らすものがない集中できる環境で行ってください。
また、使用するデバイスは、PCまたはタブレットで実施いただきます。インターネット回線が必要です。

PCでの動作確認の対象ブラウザは下記になります。
ブラウザは、Internet Explorer 11以上、Safari 13.0以上、Google Chrome 80.0以上
(上記以外のブラウザバージョンをご利用の場合、「のうKNOW(ノウノウ)」が正常に動作しない可能性があります)
画面解像度は(横1024×縦768ピクセル)以上に対応しています。
*2020年3月31日現在

タブレットでの動作確認端末とブラウザは下記になります。
メーカー 端末名 動作確認OSバージョン 動作確認ブラウザ
Apple iPad Pro iOS12.1以上 Chrome 80以上
Safari 11.0以上
Apple iPad iOS11.4以上 Chrome 80以上
Safari 11.0以上
ASUS ASUS Pad TF700T Android 4.2以上 Chrome 80以上
HTC Google Nexus 9 Android 7.1以上 Chrome 80以上
SONY Xperia Z4 Tablet SOT31 Android 5.0以上 Chrome 80以上
KYOCERA Qua Tab QZ10 KYT33 Android 8.1以上 Chrome 80以上
Lenovo Tab M10 ZA480021JP-01 Android 8.1以上 Chrome 80以上
Fujitsu Arrows Tab F-02K Android 8.1以上 Chrome 80以上

(各社の社名、製品名、サービス名およびサイト名は各社の商標または登録商標です)

*2020年3月31日現在
毎回同じデバイス(PC、タブレット)で実施する必要がありますか?
可能であれば、同じデバイス(PC、タブレット)で実施していただくことが望ましいです。使用するデバイスにより、反応速度が変化する可能性があるためです。
どうすれば「のうKNOW(ノウノウ)」によるチェックを受けられるのでしょうか?
「のうKNOW(ノウノウ)」を採用頂いている企業・自治体のサービスなどで実施いただけます。
また、ブレインパフォーマンスアプリ「Easiit」を通じて、実施いただけます。

操作について

途中で中止した場合、再開することはできますか?
中止したところから再開することはできません。
「はい」と「いいえ」はどのキーを押せばよいのでしょうか?
ホームページ上の紹介動画をご覧ください。「のう KNOW(ノウノウ)」の実施方法をご確認いただくことが可能です。PCの場合には指定されたキーを、タブレットの場合には画面上に表示される「はい」「いいえ」のボタンをタッチしてください。
サイトが開きません。動きません。
一度、表示ページを削除頂き再度URLにアクセスしてください。
海外でも使用できますか?
日本国内からのアクセスに限ります。

結果について

結果はどのように表示されるのでしょうか?
ブレインパフォーマンスがA・B・Cで表示されます(A:正常な状態、B:ボーダーライン、C:維持向上のための活動を取り入れましょう)。また、0~50のBPI(Brain Performance Index:脳の健康度を示す指標)スコアに加え、脳の健康度を維持するためのアドバイスも表示されます。
*BPI 20.0~50.0:A BPI 15.0~19.9:B BPI 0~14.9:C
結果はすぐに出ますか?
実施後、「結果を表示する」というボタンを押していただくと、その後すぐ画面に表示されます。
結果が悪かったらどうすればよいでしょうか?
ブレインパフォーマンスはその日の体調によって変わることもあります。日ごろから健康を意識した生活を送りながら、体調に関して気になることがありましたら、身近な方、地域の相談窓口やかかりつけ医等にご相談してみてはいかがでしょうか。
結果が思わしくない場合(B/C)は、病気なのでしょうか?
このチェックは病気かどうかを見つけたり、診断を企図したものではありません。普段の生活で、日ごろから健康を意識した生活を送りながら、体調に関して気になることがありましたら、身近な方、地域の相談窓口やかかりつけ医等にご相談してみてはいかがでしょうか。
結果がB/Cだったのですが、ブレインパフォーマンスを向上させる方法はありますか?
さまざまな研究により、定期的な運動習慣を身に着け、バランスの良い食事をとり、社会とのつながりを維持し、精神的に活発であり続けるなどのライフスタイルにより、ブレインパフォーマンス低下のリスクを減らせる可能性があることが示されています。こうしたライフスタイルは、心臓の病気や糖尿病のリスクを減らせる可能性があるなど、身体全体にとっても望ましいものです。どのような年代でも自分のブレインパフォーマンスに気を配り、健康的な選択をすることは有益です。
結果は時系列データとして蓄積されますか?
現時点では、時系列データとしては蓄積されません。
結果はいつまで閲覧可能でしょうか?
結果表示後、テスト実施用のURLにアクセス頂くと7日間閲覧できます。
同じ個人が、連続して実施することは可能でしょうか?
テスト実施後、24時間以上経過しておりましたら、実施いただくことが可能です。各企業や自治体のご担当者にお問合せ下さい。
上へあがる